居抜き店舗とは?

「居抜き店舗」「居抜き物件」とは、内装・備品が残っている店舗のことです。
一般的には、床・天井・壁・厨房・お手洗など、店舗内の主要設備が残っていて「すぐに開店できるような」状態です。「内装付き物件」と言う場合もあります。

Aマーク

居抜き店舗を借りるメリットは?

お店を新規で出店したい方は「出店費用を抑えたい」「出店時の費用を早く回収したい」「ランニングコストを抑えたい」など、コスト削減が気になりますよね。
居抜き店舗には内装・設備が既にあるので、スケルトンから内装工事をするよりも出店費用が抑えられる可能性があります。

Aマーク

<Q&A質問一覧へ戻る>

スケルトンとは?

「スケルトン」とは、床・壁・天井・内装などが何もない「建物の躯体だけ」の状態です。コンクリート打ちっぱなしの部屋というイメージです。

Aマーク

スケルトン渡し・スケルトン返しとは?

「スケルトンの状態で借り、スケルトンに戻して退去する」ということです。
原則はスケルトン渡し・スケルトン返しなので、居抜きは例外的な取引になります。しかし「内装を壊すのはもったいない、次の入居者に使ってほしい」という考え方もありますよね。
そのため、「建物の所有者」「閉店するテナント」「新規出店するテナント」の三者が合意している場合に限り、居抜き物件の取引をすることができるのです。

Aマーク

<Q&A質問一覧へ戻る>

造作譲渡とは?

「造作譲渡」とは、内装・設備を売買することです。
居抜き店舗の内装・設備は有償の場合が多いのですが、閉店するテナントさんによって「スケルトンに戻す費用がかかるので、無料でいいから引き取ってほしい」という場合と「内装や備品もまだキレイだから売れないかな?」という場合があります。

Aマーク

造作譲渡に含まれる設備はちゃんと使えるんですか?

中古設備なので現状渡しですが、内覧時に動作を確認できます。

Aマーク

<Q&A質問一覧へ戻る>

内覧とは?

気にいった物件を、弊社スタッフ同行で見ていただくことです。「内見」とも言います。

Aマーク

居抜きの仲介手数料はいくらかかりますか?

「居抜きの仲介手数料」とは、造作譲渡が成立した場合にかかる手数料です。不動産会社によって違いますが、宮原不動産では一律25万円(税別)です。契約時に半額、引渡時に残り半額をいただいています。

Aマーク

<Q&A質問一覧へ戻る>

居抜きの仲介料って、賃貸仲介料とは別にいるんですか?

はい、かかります。
居抜きの仲介料は内装・設備の売却する方と購入する方と「売買契約」にかかる手数料です。一方、賃貸仲介料は大家さんと入居者さんとの「賃貸借契約」にかかる手数料となります。

Aマーク

造作譲渡0円の物件の場合でも、居抜き仲介料はかかりますか?

居抜き手数料は「造作の売買契約」にかかる手数料ですから、造作が0円の場合、一般的には居抜き手数料はかかりません。賃貸仲介料は、造作の金額に関わらずかかります。

Aマーク

<Q&A質問一覧へ戻る>

居抜きで借りたあと、店舗を解約する時にはスケルトンにしないといけませんか?

大家さんとの賃貸借契約の条件によって違いますが、原則はスケルトンに戻さないといけませんので、撤去費用が必要になります。しかし、次の借り手が見つかって内装を買い取ってもらえるなら(つまり居抜きで売却できれば)、スケルトンに戻さずに退去できる可能性があります。

Aマーク

店舗を借りる際に内装業者を紹介してもらえますか?

はい、ご希望の仕上がりイメージに合う業者さんを紹介します。複数の業者さんを紹介することもできます。

Aマーク

<Q&A質問一覧へ戻る>

店舗の内装・設備工事はどのくらい費用がかかりますか?

スケルトンの場合の1坪あたりの単価は、飲食店・美容室で30~60万円、衣料品・雑貨販売店で10~30万円が相場のようです。使う材料や設備の仕様によって大きく変わってきます。居抜き物件の場合は状況によって違いますが、残っている造作・設備を最大限に利用して工事費用を大幅に安くできた例もあります。

Aマーク

店舗の広さによって内装工事の単価は変わりますか?

物件の状況や使う材料によって違いますが、一般に内装・設備工事の1坪あたりの単価は、店舗の面積が狭いほど相場より高め、広いほど低めになる傾向があります。

Aマーク

<Q&A質問一覧へ戻る>

道路距離はどのように算出しているのですか?

物件情報に表示されている「最寄駅から○メートル」などの距離は、直線距離ではなく実際に通る「道路距離」をもとに算出します。例えば、途中で迂回して橋を渡らないといけない場合は迂回も含むルートの距離、地図ではわからない近道があっても通常ルートの距離が「道路距離」となります。

Aマーク

徒歩1分とは何mですか?

徒歩の距離は80mにつき1分として計算し、1分未満の端数は切上げて1分とします。例えば、道路距離200mの場合は「徒歩3分」、10mの場合は「徒歩1分」となります。なお、歩道橋や坂道、踏切・信号の待ち時間などは考慮せず、あくまで道路距離をもとに算出します。

Aマーク

<Q&A質問一覧へ戻る>

メールで問い合わせる

もっと詳しく知りたい場合は、時間外でも
お気軽に電話かメールでお問合せください。

<このページのトップへ戻る>